あほ女の結婚までの日記
雑誌「anan」のセックス特集にも掲載された、噂のラブシロップ! ↓ ↓ ↓ ↓ 622.gif

2009年04月27日

ダメ男とのエッチは・・・

運命の彼と別れて、

ダメ男との苦渋の日々は3年目。


お金に関するダメ男っぷりで書くことが多くて、

少しお金のことばかりを書いてしまいました。

でも、苦渋の日々は、それだけではありません。。。



そう、運命の彼とは、

 運命のエッチ!

と、何度も書いたように
 ※この辺とか ⇒ ☆第1章 運命(?)のエッチ☆
 ※この辺とか ⇒ ☆第1章 初デート♪☆
 ※この辺 ⇒ ☆第1章 でも、やっぱり失恋なの??☆

エッチも、100%の相性だったんですが。。。


ダメ男とは・・・


エッチも、100%合わなかったんです!!




最初は、なんとなくで、それなりに良かったりもしたんですが、

ダメ男はやっぱりダメ男で・・・

優しさが全然足りなくて、

粗野で乱暴で・・・

全然エロくなくて、楽しくなかったんです。



とにかくダメ男は、子供のように、思いつきで・・・

わたしに、いろいろとムリヤリやらせるばかり。

(しかも、本人は、それが最高だと思ってるんです。)



いつも雰囲気作りも何もなくて、

 あーしろ、こーしろ

と命令をしてくるんです。



で、いつも、いろいろやらされた後、

必ず、お口でやらされるんですけど、

そんなだから、わたしも、気分が乗らなくて・・・

とにかく、上手にできなかったんです。

・・・だから、ダメ男も全然イカない。



そんな感じで、わたしは、いつも15分以上ずっと・・・

ホントに辛くて。。。



最後は、ダメ男も強引になって、

ホントにムリヤリさせるんです。

挙句に、

 愛がない!

とか言い出す始末で。
(あんたの方がよっぽど、愛がないでしょ!!)



って・・・

そのまま喧嘩になるようなこともよくあって。

本当に、ダメ男のエッチは最悪のエッチでした。



だから、わたしは、ダメ男とのエッチの時はいつも、

運命の彼との運命のエッチを思い出してたんです。




(結婚までの花嫁修業の恋愛は、まだまだ続く。。。)





運命の彼との話は・・・第1話↓からお読みくださいm(_ _)m

〜 第1章 第1話 運命の出逢い!! 〜



ランキングに参加しています。

応援クリックお願いします m(_ _)m ⇒ にほんブログ村 恋愛ブログへ



.
posted by どМ at 22:56| Comment(7) | 第二章 花嫁修業の恋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

弁当箱のラップに1万円を包む

運命の彼と別れて、ダメ男に捕まってしまった私、


そして、ダメ男との苦渋の日々は、

3年目に突入していました。





そして、ダメ男の”おねだり”と”お小遣い”で、

膨張する借金をかかえながら、

いくつもバイトをかけもちする日々。

ダメ男が”お小遣いせびり”を完全に覚えた頃、



わたしは、そんな生活のせいで、

看護短大も留年してしまっていました。




ダメ男も”お小遣い”を覚えてしまったら、

そのダメ男っぷりが悪化の一途でした。

”おねだり”して、ものを買って貰う時は、



例えば、

(私が買わされた)バイクをカッコよくしたければ、






 「カッコいいバイクに乗りたいだろ?
  あのバイクのあれ、カッコ良くない?


  あとX万円あると、あれが付けられんだけどなぁ〜。
  オマエをもっとカッコいいバイクに乗せたいなぁ〜」



とか、なんとかして私のご機嫌を取ろうと頑張った彼も、



”お小遣い”として現金を手にすると、

そのお金を持って、1人で遊んでしまうようになったんです。






わたしも、わたしで、会うとお金をせびられるので、

会いたいんだけど、会いたくない。



そんな感じで、徐々に会う機会も減っていきました。









わたしは、「これはマズイ!」と思って、



イロイロ考えた挙句、



バイトの時のお弁当代として、お金を持っていかれるので、



彼がバイトしている19時から深夜2時までの間で、



ちょうど21時頃に、お弁当を持って行くことにしました。


これだったら、お小遣いを与える必要もない。


これはイイ作戦で、少しの間は意味があったんです。



そう、少しの間だけは。。。







でも・・・

ちょっとしたことから、

この作戦も悪い方に向いてしまったんです。




ある時、ダメ男と遊んでいる時に、



また強烈な”ダメ男のおねだり”が始まったんですが、



わたしもイイ加減お金が無くって、



 「お金がないからムリ!」



と言ったんです。



でも、そのせいで、

なんとなく気まずい感じになっちゃったので、

わたしは1度家に帰った後、いろいろ考えて、

なけなしのお金を、いつものお弁当箱に仕込んで、

渡してあげたんです。




そしたら、バイト中にメールが来て仲直り。

彼からメールが来ることなんて滅多になかったので、

私も嬉しくなっちゃって。。。





で、いつの間にか・・・

ダメ男の”おねだり”が過ぎて揉めると、

 お弁当箱の底のラップに1万円包む
  ⇒ メールが来て仲直り。



という状態になってしまったのです。










あぁ・・・

ダメ男がお金“貸して”って言い出したのは、



“自分でなんとかする気”になったんではなく、



幼稚な子供が、なんとかして親からお金をせびろうと、

親にウソをついたり、だだをこねたりするのと同じで、

 低レベルで幼稚な工夫

を覚えただけだったんです。











(結婚までの花嫁修業の恋愛は、まだまだ続く。。。)





運命の彼との話は・・・第1話↓からお読みくださいm(_ _)m

〜 第1章 第1話 運命の出逢い!! 〜



ランキングに参加しています。

応援クリックお願いします m(_ _)m ⇒ にほんブログ村 恋愛ブログへ



.
posted by どМ at 00:00| Comment(13) | 第二章 花嫁修業の恋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月18日

気づけば会うたび「お金(貸して)!」

運命の彼と別れて、ダメ男との生活は、

もう・・・3年目に突入していました。


ヒモ男が”おねだり”だけでなく、

”お小遣いせびり”を覚えてからは、

わたしの借金が増えるスピードはウナギ昇り・・・



ダメ男は、彼の唯一の稼ぎであったアルバイト

バーテンダーもくびになっていました。

しかも、驚いたことに、

なんと、くびになった原因は・・・

 レジからお金を盗んでたのがバレて

です。

もう本当に、どうしようもない男。。。




このままでは、私はきっとすぐに、

完全に破たんしてしまったでしょうが、

ダメ男は、再三就職活動をして、なんとか、

そう、本当になんとか、

 レンタルビデオ店

で「アルバイト」をするようになりました。

(余談ですが、ダメ男は何故か
 ビデオ店の面接にも、スーツを着て行ったんです。笑)




そして、このバイトから、

ダメ男の”お小遣い”


 バイトの時のお弁当代(貸して)


が始まったのです。。。




そして、1度味をしめてしまったダメ男は、

その後、

 レコーディングに行く交通費(貸して)

だとか、なんだと、次から次に

 あれ買うから(貸して)

 あれにお金が要るから(貸して)

という状態になってしまったんです。。。



でも、彼のプライドでしょうか、

絶対に”頂戴”とは言わない。

・・・けど、いつまで経っても返さない。





そして、気づけば、会うたびに、

 「〜だから、お金貸して!」

と言い出すようになってしまったんです。

くどいようですが、それでも1度も返さなかったので、

私の借金は、どんどん膨れ上がり始めたのです。。。




(結婚までの花嫁修業の恋愛は、まだまだ続く。。。)


運命の彼との話は・・・第1話↓からお読みくださいm(_ _)m
〜 第1章 第1話 運命の出逢い!! 〜

ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします m(_ _)m ⇒ にほんブログ村 恋愛ブログへ

.
posted by どМ at 13:22| Comment(2) | 第二章 花嫁修業の恋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

そして始まった「お小遣い」

運命の彼と別れて、

ズルズルと、ダメ男と付き合って2年半、 私は、

ヒモ男の”おねだり地獄”の日々を送っていました。。。



そう、ダメ男の彼の得意技は、“おねだり”。

どう考えても、

“だまされてる”、“つかわれてる”って思っても、

おねだり上手のダメ男には

 “なんか面白い”、“カワイイ”

って思わされちゃってたんです。。。




それどころか、最終的には、

“買ってあげたい!”

って思っちゃうこともしばしばで。。。

(ホント、母性をくすぐられるというか・・・)




そんな感じで、わたしはなんだかんだで、

いつもお金を出しちゃっていたんです。

それでも、一安心だったのは、

 “現金”(お小遣い)

を要求されることはなかったんです。



・・・



・・・



って・・・



そのハズだったんです。。。



でも!!

2年半を過ぎた頃のある日、

(とうとう)ダメ男が、

 “お金ないんだなぁ、貸して。”

って、言い出したんです。




いつもは、“貸して”じゃなくって、

“〜買って”とか“〜欲しい”

って、言い方をするのに。。。




でも、私は、(当時の)私は・・・

その現実を正面から受け容れられなかったんでしょうか、

お金を“貸して”って言われたことを、

 “やっと、自分でなんとかする気になったんだ。”

って、(その時は本気で)そう思っちゃったんです。





だから、逆に嬉しくなっちゃって、

 「返してくれるのは、いつでもいいからね。」

って、初めてお金を“貸した”んです。

(そう、あくまでも貸したハズだったんです。)




でも、


でも、やっぱり・・・


コレで、わたしは・・・


“おねだり”と“お小遣い”


の両方を背負うことになってしまったんです。




そう、

そして、それからは、

それまでの倍のスピードで、

借金が膨らむことになってしまうんです。。。




(結婚までの花嫁修業の恋愛は、まだまだ続く。。。)


運命の彼との話は・・・第1話↓からお読みくださいm(_ _)m
〜 第1章 第1話 運命の出逢い!! 〜

ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします m(_ _)m ⇒ にほんブログ村 恋愛ブログへ

.
posted by どМ at 22:14| Comment(14) | 第二章 花嫁修業の恋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

ダメ男の誕生日は・・・

運命の彼と別れて2年以上の月日を、

ダメ男の彼というヒモにぶら下がり続けられ・・・

私が知らない間に買ったバイク代(26万円)まで払わされ、

気づけば、私の借金は100万円を超えていました。



なんでもすぐ「おねだり」が始まるダメ男の彼ですから、

彼の誕生日なんて、もうイヤでしょうがありませんでした。

(ちなみに!!
 当時 私は23歳でダメ男は25歳。
 そう彼の方が年上だったんですよ。。。)




そうは言っても、彼氏の誕生日ですから、

私は祝ってあげたい気持ちもあって、

お祝いをしてあげることを伝えると、

彼は、

 「バンドの練習があるから、お家でご飯を作って待ってて」

と言ったんです。

わたしは、

 無駄に高い外食は免れた♪

と思っていたんですが・・・


ダメ男は、偉そうにメニューの指定をしてきて、

 「山菜おこわ と だし巻き卵 と・・・」
 (ここまでは普通より安かったんですが。彼の大好物は・・・)

 「お酒!」(半分アル中ですから。)

ってことで、何年物だかよくわからない、

 バカ高いウイスキー

を、買わされてしまったんです。





で、意味もなく高いお酒を買ってお家で待っていると、

夜遅くに、お誕生日を迎えたダメ男が登場したんですが、

何故か(前の彼女に貰ったという)スーツを着て来たんです!

わたしが、

 「何で来たの?」

と聞くと、

 「バイク」

と言うんです。(あぁ、恥ずかしい。。。)




そうやって、最悪の誕生日会が始まったんです。




まず、わたしはケーキも買って待ってたんですけど、

彼が「ショートケーキが嫌い!」というのを知っていたので、

あえてチーズケーキを買って待っていたのに、

 「誕生日と言えば、イチゴのショートケーキだろ!」

と偉そうに言ったんです。

あぁ、サイテー!!







そして、ただのアルバイターのダメ男が、

なんでか知らないけど、スーツなんて着ちゃったもんですから、

写真撮影が始まっちゃったんです。

それに延々付き合わされて。。。



挙句、味もわからないくせに、

高いお酒を調子に乗ってガブガブ飲む飲むもんだから、

酔っ払っちゃって、なかなかこの撮影会が終わらない。

ホント痛い。。。





挙句に・・・

わたしは、いちおう誕生日プレゼントってことで、

選んで(バイク用の)ブルゾンを買ってあげたんですが、

このブルゾンを・・・

 「気に入らない!」

とか言い出して、

(後日ですが)ネットオークションで売ったんです!!

ホント信じられない!!





1人の男を養うだけでも大変なのに、

何をやってあげても文句ばかり。

わたしには嫌な気持ちと、借金が増えるばかり、

そんなことを強く強く感じたダメ男の彼の誕生日でした。。。




(結婚までの花嫁修業の恋愛は続く。。。)


運命の彼との話は・・・第1話↓からお読みくださいm(_ _)m
〜 第1章 第1話 運命の出逢い!! 〜
 
ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします m(_ _)m ⇒ にほんブログ村 恋愛ブログへ

.
posted by どМ at 22:32| Comment(4) | 第二章 花嫁修業の恋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

バイク代まで払わされた私・・・

運命の彼と別れて2年、

ダメ男というヒモにぶら下がり続けられる日々・・・。

そんなダメ男の彼が、

私の知らない間に、

お金もないハズなのに、バイクを購入しちゃって。



免許をとったその帰りに、

バイクに乗って私のお家まで来たんですが。。。



そのバイクを、

 “どうやって、買ったの?”

なんて私が聞くよりも先に、

ダメ男の彼は、

免許もバイクもゲットできて、超ご機嫌に喋りまくったんです。



バイクは、、、

ネットのオークションで買ったということ。

お値段は26万円。

安いものより、年式の新しい高い方にしたということ。



で・・・・

肝心な、“お支払方法”は?

と思っていたら、

なんと、

なんと、、

ダメ男の彼は、私に、

 “26万、明後日までに振り込み。よろしくっ♪”

って、フツーに言ったんです。




はぁ”〜???




私的には、

バイクを買ったなんて、ついさっき知った話。

“最悪、お金をだすとしても、

 相談くらいはしてくれないと、

 私の借金返済の都合もあるのにぃ〜。泣”

って、さすがに怒れてきちゃったんです。




で、

ダメ男の彼に、

“26万なんて、急にムリだよぉ。”

って、言ったんですが、

ダメ男の彼の返事は、

“オレ、もっとムリじゃん。笑”

って、かわされちゃって。




で、結局、

“それもそうだなぁ。”

って、あっさり丸め込まれちゃって、

そうやって、

私の借金は、またまた膨らんでしまったんです。。。



(結婚までの花嫁修業の恋愛は続く。。。)

運命の彼との話は・・・第1話↓からお読みくださいm(_ _)m
〜 第1章 第1話 運命の出逢い!! 〜
 
ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします m(_ _)m ⇒ にほんブログ村 恋愛ブログへ

.
posted by どМ at 20:35| Comment(9) | 第二章 花嫁修業の恋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月07日

お金もないのに、バイク購入済み!?

運命の彼との別れから2年・・・

何を間違えたのか、

運命の彼とは、似ても似つかないダメ男の彼に、

ぶら下がられる日々。



気づけば、

バイクの教習所代まで、おねだりされていたんですが・・・。



教習所代だけでは、済まなかったんです。。。



バイクの免許が無事にとれた日、

ダメ男の彼は、

試験場から、電話で報告をしてくれました。



私は、

“お金はかかったけど、

 これからは、バイクの二人乗りでデートができるっ♪”

って、とっても嬉しくなっちゃいました!




でも、

よーく考えたら、、、バイクがない。

そこで、

“じゃぁ、バイク買えるまで、待ち遠しいね。”

って、言ったんです。

いや、”言っちゃった”んです。




そしたら・・・・

ダメ男の彼が、

“今から、バイク乗ってオマエん家行くよ。”

って言うんです。


???


私は、ホントに

“???”

って感じです。



よーく聞いてみると、

すでにバイクを購入していて、

「試験の帰りに取りに行く」とか言うんです。



もう、喜べません。

わたしに借金までさせているダメ男に、

そんなバイクを買うお金なんて、

あるはずがないんです。



当然のことのように、お金の事が心配になった私は、

 “大丈夫?”

って、聞いたんですが、

ダメ男の彼は、何を勘違いしたのか、

“オレの運転センスは一流よ!”

とか、のんきな返事をしたんです。



私は、

 “ローン(で買ったの)?”
 “友達に安く売ってもらったとか?”

って、いろいろ考えましたが、

とりあえずは、ダメ男の彼を待つことにしました。



そして、確かに、免許を取ったその日に、

ダメ男の彼は私のお家に、

 立派なバイクで

到着したんです。




そして、念願の立派なバイクを手に入れて、

超ご機嫌なダメ男の彼は・・・

私に、

またまた、とんでもないことを、サラっと言ったんです・・・




(結婚までの花嫁修業の恋愛は続く。。。)

運命の彼との話は・・・第1話↓からお読みくださいm(_ _)m
〜 第1章 第1話 運命の出逢い!! 〜
 
ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします m(_ _)m ⇒ にほんブログ村 恋愛ブログへ

.
posted by どМ at 20:49| Comment(0) | 第二章 花嫁修業の恋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

教習所代まで、おねだりされて・・・

運命の彼と別れて2年・・・

ダメ男という、

エスカレートする“ヒモ”にぶら下がられてしまった私は、

どんどん、辛い辛い恋愛にハマっていくのでした。。。


以前の書き込みにも登場したように、

ダメ男の彼の愛車は、  

 “おんぼろの原付”

でした。


が、

ある日、突然、

 “そろそろ、俺に似合うグレードにアップする!”

と、言い出したんです。



それは、

「250ccのバイクに乗りたい!」ということで。。。


私は、内心、

 “ヒモには、原付がお似合いなのに。”

と思っていましたが、

まぁ、免許をとるのは彼なので、何にも気にせすにいたんです。



ところが!

私の“ヒモ”は、私が予想もできなかった、

ものすごいぶら下がりっぷりを発揮してきたんです。。。



そう、

何を言うかと思ったら、

なんと!!

 “教習所のお金を出してぇ〜”

と。



さすがに、

借金までしている私は断ったんですが、

“250ccの免許がとれたら、

 やっとお前を後ろに乗せてやれるのに。”

とか、

“オマエと二人乗りしたいのに。”

って、

お得意の、あまーいおねだり作戦を炸裂されちゃったんです。



で、

やっぱり、私、

うまーくのせられちゃって、

“免許とれるの楽しみだね♪”

って、

教習所のお金を払うことになっちゃったんです。。。




・・・その時の私は、

究極のダメ男の”おねだり”が、

その教習所代だけで済むものだと、

あまいあまい勘違いをしていたんです・・・。



(結婚までの花嫁修業の恋愛は続く。。。)

運命の彼との話は・・・第1話↓からお読みくださいm(_ _)m
〜 第1章 第1話 運命の出逢い!! 〜
 
ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします m(_ _)m ⇒ にほんブログ村 恋愛ブログへ
.
posted by どМ at 23:43| Comment(0) | 第二章 花嫁修業の恋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月04日

バレンタインの日に・・・

運命の彼と別れて・・・・

ダメ男の”ヒモ”にぶら下がられて2年以上・・・

ダメ男のために借金までするようになってしまった私。



花嫁修業の辛い辛い恋愛は、まだまだ続いていました。


軍隊狂いのダメ男は、突然

 「軍服が欲しい」

と言い出して、上野までまで買いに行きました。


(当然ですが、その電車賃もあたしです。。。)





そして、くだらない軍服とかをさんざん買わされた挙句、

ダメ男は・・

 「秋葉原の電気屋に行きたい!」

と言い出したんです。

お目当ては

 「プレステ2」



はぁ〜。。。



さすがに、借金までしている私は、

「そんな高いの買えないよ!」

と言ったのですが、

”おねだり”を覚えてしまったダメ男は、

 「バレンタイン近いだろ?」

 「バレンタインは、プレステ2がイイ!!」

 「買ってくれたら、オマエのこと大好きになるのになぁ〜」

と言い出す始末で・・・

結局、仕方なく買ってあげてしまいました。



その日バイバイした後・・・

なんと数日間、ダメ男と連絡が取れなくなって・・・

何日か”ぶり”に連絡が取れたときに、

ダメ男が口走ったのは、

 「オマエに買って貰ったプレゼント(プレステ2)を、

  一生懸命やってて、電話に出る暇がない!!」

とふざけたコメント。



挙句に、

 「そんな一生懸命やってもらって、うれしいだろ?」

とか。

もう呆れて何も言えませんでした。



(結婚までの花嫁修業の恋愛は続く。。。)

運命の彼との話は・・・第1話↓からお読みくださいm(_ _)m
〜 第1章 第1話 運命の出逢い!! 〜
 
ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします m(_ _)m ⇒ にほんブログ村 恋愛ブログへ
.



posted by どМ at 19:24| Comment(4) | 第二章 花嫁修業の恋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〜 運命の彼との出逢いはここ、第1章 第1話 〜
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。